パートで働くことのメリットとデメリット

パートで働くことのメリットとデメリット

仕事をするときには正社員や契約社員やパートやアルバイトなど様々な働き方があります。これから仕事を始めようとする人は、自分が置かれている環境などでそれぞれの働き方を選ぶ必要があります。また働く形が異なるとメリットやデメリットも大きく変わってきます。ここではパートタイムで働く場合のメリットとデメリットをまとめてみました。まずパートタイムとは火曜日や木曜日、午前9時から午後1時までというように正社員よりも働く日数や時間が短い人のことを指します。

メリットとしては、自分の都合に合わせて働く時間や曜日や日数を決めることが出来ることです。また仕事の内容を選ばなければ、求人案件数は多いため働く選択肢が広がります。更に多くの求人では経験不問の案件が多く、未経験から始められ経験を積むことによってキャリアアップがはかれるものが多いのが特徴です。そして経験を積むことで正社員への道が開ける可能性もあります。

一方でデメリットも。パートの場合は時給で給与をもらうケースが多く、また昇給も正社員に比べると不利な場合があります。そのため正社員に比べて給与の面で安定しない点が挙げられます。また単発や臨時雇用も多いため任される仕事が限られることもあります。このようにメリットとデメリットの両面がありますが、自分のライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

Copyright (C)2016パートで働くことのメリットとデメリット.All rights reserved.